ダイヤモンド富士 : 山中湖村の楽しみ方

ダイヤモンド富士ダイヤモンド富士 : 山中湖村の楽しみ方
冬の代表的な風景として定着した「ダイヤモンド富士」。富士山頂に太陽が重なる瞬間、奇跡の絶景があなたを包み込みます。

山中湖村観光課

SCENE 05ダイヤモンド富士

富士山頂に太陽が重なる!自然界が起こす神秘の絶景!

【 期間 】10月中旬〜2月末まで

まずは「ダイヤモンド富士」って何?という初心者の方にわかりやすく説明します。 「ダイヤモンド富士」とは、富士山頂に太陽が重なる瞬間、ダイヤモンドのように輝く現象の事を言います。 富士山頂に太陽が重なるのは、日出と日没時になりますが、山中湖で見られるダイヤモンド富士は日没時。 季節は秋から冬にかけて約4ヶ月半程の期間観測できます。非常に長い期間見られる事からダイヤモンド富士の聖地として多くの方々が訪れます。 ※「ダイヤモンド富士」は山中湖だけでなく、静岡県の田貫湖をはじめ多くの場所で見ることが可能です。

ダイヤモンド富士を見るための準備

山中湖は標高約1000mの高地。防寒対策はシッカリと!

山中湖は約標高約1000mの高原地帯。特に真冬の夜には氷点下になります。山中湖でのダイヤモンド富士の観測時間は夕方ですが、防寒対策は必須です。日中は暖かくても、太陽が山頂へ沈むと急激に気温が下がります。車の中に居ながら見ることのできる場所もありますが、たいていの場所では徒歩で移動しなければいけませんので、必ず準備をしてお出かけ下さい。また、湖岸の浜は足場の悪いところが多いので靴はヒールが高いもの、革靴などは避けた方が良いでしょう。山中湖周辺には観光施設も沢山あります。見終わった後も、温泉施設で体を温めたり、宿に一泊してゆっくり自然を満喫してみるのもいいかもしれません。良い思い出を残すためにも、しっかりと準備をして快適に「ダイヤモンド富士」を楽しみましょう!下記に標準装備からあると便利なグッズまで紹介します。

ダイヤモンド富士の見える期間・時間について

比較的天候が安定している2月がオススメ

山中湖で見られるダイヤモンド富士は10月中旬から2月末位の期間で見ることが可能です。 三国峠から始まり、旭日丘から平野、長池を通り、ホテルマウント富士下付近で湖越しのダイヤモンド富士は一旦終了。 その後花の都公園で1ヶ月半程みられ、冬至を境に今までのルートを戻って行きます。 約4ヶ月半程観測できるのですが、10月〜12月頃はあまり天気が安定せず、綺麗なダイヤモンド富士を見ることが難しいです。 遠方から「ダイヤモンド富士」目的でお越しの際は、天候など下調べしてお越しください。 山中湖村に比較的近くの地域にお住まいの方は、山中湖交流プラザきららに設置された富士山ライブカメラ「絶景くん」を見てから移動するのもいいかもしれません。 ※下記リストの場所、時間は、あくまで参考データです。

ダイヤモンド富士 ガイドマップ

1. パノラマ台付近

10月16日 16時22分頃 2月25日 16時50分頃
平野地区から県道を小山町方面に向かい、三国峠のちょうど中腹あたり。眼下に山中湖を望み、富士山だけでなく、南アルプスまで眺めることが出来る富士山撮影の大人気スポット。山中湖でのダイヤモンド富士はこのパノラマ台付近で10月中旬から見え始め、2月末にここで終わります。峠道の為、冬は路面が凍結しノーマルタイヤでの走行は危険ですのでスタッドレスタイヤを装着の上お越しください。

2. 旭日丘湖岸

10月18日 16時08分頃 2月22日 16時35分頃
冬至前では最初に、冬至後では最後に湖越しのダイヤモンド富士が見られる場所です。人気のある平野・長池地区とはまた違った雰囲気のスポットで、近くに日本の渚百選に選ばれた、山中湖の絶景スポットの一つ「夕焼けの渚」を含む旭日丘地区湖畔緑地公園もありますので、撮影後の夕焼けを続けてみて見るのもいいかもしれません。浜も広いので撮影しやすい場所です。

3. 平野湖畔

10月27日 16時03分頃 2月16日 16時33分頃
逆さ富士を見ることのできる、山中湖の撮影ポイントの中でも1位2位を争うほど人気のあるポイント。ダイヤモンド富士の時期には湖畔沿いにズラ〜っとカメラマンが並ぶ面白い光景もここならでは。撮影目的で来る方は、お早めにお出かけください。運がよく、風がなく湖面がフラットな状態だと、湖面に映るダイヤモンド富士も一緒に見ることができるかもしれません。通称「ダブルダイヤモンド富士」。

4. 平野湖畔2

10月31日 16時00分頃 2月12日 16時30分頃
平野湖畔の端の方へずれた地点。冬至前は平野地区最後、冬至後は始まりとなるポイントです。このあたりはダイヤモンド富士撮影スポットの中でも比較的浜辺のスペースが広いのが特徴で、多くのカメラマンや観光客の方々がいらっしゃいます。このあたりの特徴は長池方面の峠(ママの森)が富士山の裾野にかぶり、きらら横の地点とはまたちがった景色です。(写真参照)

5. ママの森下

11月03日 15時48分頃 2月08日 16時19分頃
長池地区の撮影スポットの代表的な場所のひとつ。平野地区より富士山が大きく見えるのが特徴で、湖越しの富士山の雄大な景色をご覧いただけます。長池地区は湖畔も狭く、駐車スペースも少ないため、親水公園に駐車して、徒歩にてポイントへ向かうのがいいでしょう。道幅も狭いため、路上駐車や民家・宿などの敷地内への無断駐車はお止めください。マナーは守りましょうね!

6. 長池湖畔

11月06日 15時44分頃 2月05日 16時13分頃
ここでは多くの人たちがサイクリングロードに横並びでダイヤモンド富士を眺めます。浜は少々狭いですが、公園脇から降りることが可能です。駐車場もありますが、混雑が予想されますのでお早めにお出かけください。道幅も狭いため、路上駐車や民家・宿などの敷地内への無断駐車はお止めください。マナーは守りましょうね!

7. 大池浜

11月13日 15時33分頃 1月30日 16時03分頃
この地区は白鳥の給餌場で、白鳥をはじめ野鳥が多く見られます。運がよければ?富士山、湖、白鳥のダイヤモンド富士が撮影することが出来るかもしれません。富士山にも近く、人気の撮影スポットの一つです。山中地区の湖岸もハッキリ見えます。浜も広く撮影はしやすい場所です。

8. 梁 尻

11月15日 15時30分頃 1月27日 15時55分頃
パノラマ台、旭日丘、平野、長池と周り、この時期は山中地区で少し確認できます。山中湖で見るダイヤモンド富士の中でもっとも富士山が大きく見ることのできるポイントです。浜には簡単に降りることができますが、少々狭い場所です。この辺りは富士山に向かい縦に伸びる浜が特徴です。駐車場はボウリング場付近から湖畔に無料駐車場がありますので、そちらをご利用ください。

9. 花の都公園

11月末〜1月中旬 15時23分〜15時46分頃
山中湖の人気スポットの一つ、「花の都公園」で11月末〜1月中旬位まで広い敷地内で確認することができます。(この頃の公園内には花は咲いていません)山中湖で見られるダイヤモンド富士は冬至12月22日頃を境に今度はパノラマ台へ向けて来た道を戻って行きます。山中湖は季節を、年を跨いでおよそ4ヶ月程ダイヤモンド富士を見ることのできる唯一の場所です。

ダイヤモンド富士観測時のマナー

路上駐車について

毎年ダイヤモンド富士を観測しに多くの方々が山中湖を訪れています。週末には観測地点付近の駐車場は埋まり、路上駐車等も目立ちます。山中湖で見えるダイヤモンド富士の観測場所は、比較的狭く駐車場はもちろん観測スペースすらとれない場所もありますので、グループや家族の方々は乗り合わせてお越しください。また、他の観光客のお客様へ迷惑となりますので、路上駐車は絶対にお止めください。

カメラマンさん達へ

ダイヤモンド富士の期間は、毎年多くのカメラマンの方々が訪れ、思い思いの写真を撮影し楽しまれています。しかし、その一方で一部のカメラマンさんのマナーの悪さが目立ちます。風景写真はありのままの自然の美しさを写真に収めるもので、「自然に手を加える」「自然を汚す」等して撮られた写真は風景写真とは呼べません。また、ダイヤモンド富士は一瞬で終わってしまうため、少しだけという気持ちで路上駐車をする方も少なくありません。奇跡の瞬間を撮るには、時間に余裕をもって行動することが大切です。 自然を敬い、共生する気持ちを忘れずに、最高の作品を撮影しましょう!

ダウンロード:ダイヤモンド富士ガイドマップ

上記の場所や時間等が掲載してあります。お出掛け前にダウンロードしてお使い下さい。

relax your heart yamanakako

山中湖〜四季〜

Spring : 春の山中湖

Summer : 夏の山中湖

Autumun : 秋の山中湖

Winter : 冬の山中湖