富士山麓屈指の美しい散歩道「山中湖ハイキングコース」。初心者から楽しめる大自然の4コース
ハイキングはじめよう

富士山麓屈指の美しい散歩道「山中湖ハイキングコース」。初心者から楽しめる大自然の4コース

富士山麓屈指の美しい散歩道「山中湖ハイキングコース」。初心者から楽しめる大自然の4コース 富士山麓の中で、最も美しい散歩道の一つとして多くの方々に愛されている「山中湖ハイキングコース」は、富士山や山中湖を望む絶景スポットをはじめ、春の新緑から秋の紅葉ま多くの見どころ満載の人気コースで毎年老若男女問わず多くの方が訪れます。山中湖周辺のコースは大きく分けると「三国山・パノラマ台ハイキングコース」「高指山・明神山ハイキングコース」「石割山ハイキングコース」「大平山ハイキングコース」の4つに分けられ、自然を壊すことなく整備された最大高低差430mの初心者~中級者まで十分楽しめるハイキングコースです。 4つのルートを制覇して、知られざる絶景スポットから伝説のパワースポットまで、大自然を満喫しよう!

入山時の注意

◎ 山中湖村周辺の山地にはツキノワグマが生息しています。入山の際はご注意ください。
◎ 山中湖村では、鳥獣被害対策実施隊による、ニホンジカ、イノシシの管理捕獲を通年行っております。原則、毎週水曜日は一斉管理捕獲日となっており、山林内で銃器による捕獲が行われております。ご理解とご注意をお願いいたします。

石割山ハイキングコース

石割山ハイキングコース
所要時間 3時間 歩行距離 約5km 標 高 1413m(石割山頂)

疲れも吹き飛ぶ満足感!人気の高い絶景ハイキングコース!

石割山山頂からの眺め 山中湖交流プラザ きららから出発し、緩やかな山道を35分程歩くと鳥居へ到着。鳥居の先にはスポーツ選手の夏のトレーニング場所でも有名な急な階段がある。登りきると四阿のある富士見平に着く。さらに30分程進むと、巨岩が鎮座する石割神社。ここから山頂まではかなり急峻なコースとなる頑張りどころ。足元に露出した岩や木の根があり注意が必要だが、滑りやすい場所にはロープが貼ってあるので安心して登れる。約20分あまりで、周囲が突然開け石割山山頂に到着。眼前に富士山、眼下に山中湖の絶景に疲れも吹き飛んでしまうほどの満足感が味わえる。山中湖で一番高い山で、晴天時には南アルプスまで見渡せる絶景ポイントとして人気の高いコース。鳥居のある場所には駐車場やトイレなどがあります。車で移動している方は鳥居駐車場から登ると便利。

大平山ハイキングコース

大平山ハイキングコース
所要時間 4時間 歩行距離 約7km 標 高 1296m(大平山頂)

季節ごとの山野草もたのしみ!

大平山山頂からの眺め 山中湖交流プラザ きららから出発し、標識に従って平尾山・大平山方面へ。丘陵の別荘地帯を通り抜け、15分程山道を歩くと周囲は気持ちの良い自然林。さらに30分ほど登ると石割山・平尾山・大平山を結ぶ尾根道に出会う。ここでコースを左へ。高原の尾根道は日当たりがよく植生も大変豊かなので、様々な山野草を目にすることができる。富士山、山中湖、忍野村方面まで眺望できる平尾山から大平山までは約40分。さらに尾根通しで飯盛山、長池山へと少しずつ標高が下がるのでのんびりとした山歩きを楽しむことが出来る。帰路は長池山の先から忍野・ハリモミ純林方面という標識に従って右へ下れば35分程で「花の都公園」に至る。

三国山・パノラマ台ハイキングコース

三国山・パノラマ台ハイキングコース
所要時間 4時間 歩行距離 約10km 標 高 1383m(大洞山頂) / 1291m(明神山頂)

様々な花や野鳥の声を楽しむ贅沢な散歩

パノラマ台からの眺め 山中湖の南側に位置する籠坂峠から、大洞山、三国山、明神山と3つの山を結ぶハイキングコース。出発点の籠坂峠バス停から、幻想的な雰囲気が漂う樹林の道を40分程歩くとアザミ平に到着する。ここには富士火山による異変種といわれるフジアザミが生息するので、その巨大なアザミを是非観察したい。紅葉樹の低木帯からブナの樹林帯になって大洞山に着く。ゆるやかなアップダウンが続き三国山へ。山梨・静岡・神奈川の3県にまたがる三国山山頂からは丹沢から相模湾まで望むことができる。三国山から明神山までは35分。足場の悪い場所もあるので注意しよう。明神山頂は富士山、山中湖が一望できる絶景の場所。20分程下がったパノラマ台でも文字通りの大パノラマが広がる。このコースはなだらかで歩きやすく、春から秋にかけて様々な花や野鳥の声が楽しめる。

高指山・明神山ハイキングコース

高指山・明神山ハイキングコース
所要時間 約3時間 歩行距離 約5km 標 高 1174m(高指山頂)

バードウォッチングにも人気のスポット

高指山頂からの眺め 山梨、神奈川の県境の尾根を歩くコース。まず山中湖交流プラザ きららからスタートし、60分ほどで高指山へ。一息いれて素晴らしい眺望を楽しもう。ここから切通峠を通り明神山までは約1時間半、アップダウンが続く森の道を歩く。下山途中のパノラマ台は富士山のビュースポットとして知られている。自然を満喫する散歩ともいえるこのコースでは、絶景の富士を眺め、森林浴を楽しみ、雄大な自然とふれあうことができる。
針葉樹林やブナ林を含む落葉広葉樹林などの緑。リンドウ、ヤマラッキョウをはじめとする山野草。また、ノビタキ、キビタキ、オオルリなどの野鳥も多く生息し、バードウォッチングなどにも人気の場所として知られる。山中湖の豊かな自然を自分の五感で是非体験しよう!

ハイキングの準備とルールについて

ハイキングの装備・持ち物について

ハイキングの装備や持ち物については自分の体のサイズにあったものを選びましょう。サイズがあっていないと疲労の原因にもなります。また下記に標準的な装備や持ち物を紹介していますが、季節や時間、同行人数などによって必要なものも変わってきますので、初心者だけでは登らず、必ず上級者や経験者を同行させるようにしてください。熊・鹿・猪等の野生動物も生息しているので準備をしっかり行い、安全なハイキングで大自然を楽しみましょう!

【装 備】○帽子 ○雨具 ○歩きやすいパンツ ○厚手の靴下 ○ハイキングシューズ ○ストック
【持ち物】○ザック・リュック ○食べ物 ○飲み物 ○タオル ○レジャーシート ○防寒着・手袋 ○ごみ袋 ○熊鈴

ハイキングのルールについて

○ ゴミは全部持ち帰ろう。
○ 花や植物、虫を採らない!撮るのは写真だけ。
○ 湿原やお花畑は弱いもの、絶対に立ち入らないようにしよう。
○ 鳥やけものは自然のしくみの中で生きています、エサをやらないように。
○ 山の上は天気が変わりやすく、予想以上に寒かったり暑かったりする。防寒具や雨具、帽子や水筒も忘れずに。
○ 歩道から外れないように歩こう。迷ったら確実なところまで引き返そう。
○ 冬は歩けないコースや雪が降ると歩きにくいコースもある。冬期の利用は、事前の情報収集を。
○ 途中にトイレがないコースが多いので注意しよう。

ダウンロード:山中湖ハイキングガイド

【 内容 】
○ 安全で楽しいハイキングをするために
○ 自然と人間がいつまでもつきあってゆけるよう、次の事を守りましょう
○ 4コースのハイキングコースマップ
○ 山中湖の全体マップ&観光案内
○ 山中湖の自然について(植物・野鳥)
パンフレットダウンロード 山中湖ハイキングガイド PDFファイル 9.59MB
ページの先頭へ